続・ミント先生

ワイルドストロベリーくんは、

ワイルドストロベリーでしかないのに、

なぜか、ローズマリーさんを目指している。

ローズマリーさんを好きで、憧れてるという割には、

すごく彼女を憎んでる。

だから、どんどん彼の良さが曇ってくる。

そして、今のワイルドストロベリーくんには、

花も咲かず、実もならない。

ワイルドストロベリーくんには、

ワイルドストロベリーくんしか咲かせられない花があるし、

とっておきの実がなるんだよ。

とっても強くて、エレガンツっde高貴なローズマリーさん。

料理やお茶にと、みんなにかわいがられている。

うらやましい?

だからって、ワイルドストロベリーくんは、ワイルドストロベリーくんでしかない。

ワイルドストロベリーくんが、自分のありのままの姿、素材に気づいて、

それを生かす努力をしてこそ、花が咲き、実がなるんだよ。

その美しい花と実を見た人は、きみをとっても愛しく思うだろう。

だって、君の素材を活かしきって輝いてる姿なんだもの、愛しく思わないわけがない。

そう、厳しいことを言うけど、

今の君はと~~~っても怠け者だ。

自分を生きてない。

ローズマリーさんのマネをして、彼女のエネルギーで生きようとしている。

まるで、ヴァンパイア。

ローズマリーさんは、その美しさをまるで努力もなしに得ているとでも思ったのかい?

ちがうよ、君とは違う、それはそれは大変な努力を陰でしているんだ。

努力していないのは、ただうらやむだけの君の方だよ。

君の葉っぱをお茶にして、ローズマリーさんと一緒に飲むと、それはそれは最高のに人を癒すお茶になる。

そう、すべては役割だ。

無いものねだりをして、魂をくもらせるより。

自分の素材を知ってそれを活かす努力をした方が、君が輝く。

そして、ローズマリーさんに憧れながらも、

内面では嫉妬に狂って、ローズマリーさんを無意識に呪うより、

心で和解して、自分を赦した方がいい。

さぁ、もう気づいただろう。

君は、今から君を生きるべきだ。

そして、花を咲かせ実をならせ、

「君にしかできない」安らぎを人々に配るんだよ。

そう言って、

ミント先生は、

泣きじゃくるワイルドストロベリーくんをそっと優しく抱きしめるのでした。

薬草魔女のぉうちサロンTrebol(とれぼる)      ハーブティーセラピー & セルフケア

今日も、僕はおひさまに向かって、ど根性~♪


コメントを残す