[言霊]無闇に強気な人が苦手なあなたへ

かつての私が薬草魔女に言って欲しかった言葉を手紙として綴っています。

ごきげんよう。

敏感であると様々な負の感情が苦を生み出しますね。

敏感である自分に囚われて、自分以外全てが悪いと周囲に喚き散らす人間をを想像してみてください。

敏感のせい

周囲のせい

と現実から逃げてばかりいる人生は、自分を理解しない愚かな人と同じになる可能性を上げる方法です。

今すぐやめること。

そして、その人たちが愚かとは限らない。

自分も人も決めつけるのをやめる。

敏感さは使える道具です。

自分にも人にも使えるように磨き続け、使える場を持つことを勧めます。

敏感な分、見えていることを人に教えることができます。

さて、今回の相談についてですが、

ほとんどの敏感な人は、強気の人がとても苦手です。

特に意味なく強気であると、理解できない気持ちとともに、なんとも言えないその人の嫌な感情が中に入ってきて、いたたまれない気持ちにななります。

いたたまれない気持ちになるのはこういうことを感じてしまうからだと思うのです。

↓↓↓

無闇に強気の人は大抵、周囲から迷惑に思われます。

負けず嫌いで、なんでも一番でなくてはならず、どんなことでも食い気味に自分が優位になる発言や返事しかしない。

そのような生き方は自由ですが、困ったことに、自分は強い、すごいと思わせたいあまりに無駄に威嚇の雰囲気を放ち、人を怖がらせてしまう。

それを恐れた人はその雰囲気に合わせて、その人を立てようと気を遣いますし、めんどくせぇなこいつと思った人も、少しでも意に沿わない返事をすれば倍返しの勢いで、自分を保つために論破してきますので、最終的にはめんどくさいから従ってしまう。

しかし、いざ従ってみれば、自分が認められたいだけとういうのが目的ですので、他の人は誰も幸せになりません。

いつも自分が中心になり、目立つことで他人の気を引き続けると、それだけ人を導く何かを提供できるのであろうと期待されますが、ただ自分が認められたいだけですので、全て自分のためになる助言しかせず、的外れなことしか言いません。

勘のいい人からは見抜かれており、戦いは避けたいと守るための策を立てますが、それすら無視をして土足で踏み込み荒そうとしますので、相手に攻撃というしたくないことをさせます。

↑↑↑

あなたは、だれも幸せにしない未来と、その人のこれまでの人生の物語、そしてその人の心の奥にある弱さを、短時間に感じ取ってしまいたたまれない気持ちになるのではないでしょうか。

強気の人はただただ、周囲に気を遣わせ、認められるだけのために恐怖の魔法を使い、自分自身も傷つけているだけです。

犠牲になって致命傷を負わされないようにしなくてはいけません。

手を差し伸べたくなりますが、

しっかりと距離をとること

場合により絶縁すること

大抵そのような人は、周囲が嫌気がさして離れたとしても、へり下るという気持ちはひとつも持ち合わせていませんので、傷つけられた自分可哀想という気持ちを慰めてくれる人間をさらに探そうと躍起になります。

人の話を聞けない人はほっておきなさい。

その人にも良い面もありますのでそこに情を感じて、この人だって人間だと関わりたい気持ちも出ます。

また、その方がなんでそのような人を振り回す性格になっていったのかと、慮りたいところですが、まずは離れることです。

強気を発揮するのは、信念に触れた時くらいではないかと私個人は思っています。

互いに快適に生きるために、全体がより良くなるための適切な話し合いが必要で、威嚇して勝ち取るものではありません。

自分が思うように認められたいと思うあまり、様々な意見を言われると威嚇したくなりますが、自分が見えない部分もあることを知っていれば、威嚇はしないはずです。

絶対はないと、少しでも気になった意見を実行したことで、人生が望む方向に向かったという話は沢山あります。

人の話を聞けることはとても大切です。

その中で、もしどうしても「譲れないこと」に気づいていきます。

いわゆる信念です。

もし熱意を発揮するというならば、信念だけで良いです。

それ以外に浪費する必要はない。

さて、これらは逆も然りです。

無闇に弱気という人は、どのように見られるのか、言葉を入れ替えて吟味してみると良いと思います。

物事をあらゆる側面から見る訓練です。

時にうまくかわし、

時にはピシャリと言い放ち、

時には敵さえ味方にする強かさ

これを真っ直ぐな眼(自分に正直に)で行える

ことを学ぶために社会の中にいます。

多くのことを経験し「丁度良い」を知るようにしてください。

残念ながら世の中はいまだに無明のままで、無闇に強気の剣を振り回す人が多くいます。

重要な役割にいる人間でさえそうです。

まだまだ、世界がゆるーくまるーくなるには時間がかかりそうです。

であるなら、ただ周囲に絶望して過ごす人生ではなく、敏感なことを生かして、どの人よりも丁度よく生きれる術を身につけ、教えていくというのは如何でしょうか。

物事をあらゆる側面から考えることは、恐れから解放された静かなる心をもたらします。

恐れるものがなくなれば、人生は愉快です。

薬草魔女より