📝[日記]不幸な自分を演出しても誰得でもない話。

コロナ過での長い生活と季節の変わり目、そろそろ積もり積もった小さな「負」が何らかの感情を生み出して、外へ表現したくなっているのではないでしょうか。
もっと前からそうだったのでしょうが、より目に見えて。。。

今回の日記は、重度のメンタルヘルスの問題がない状態の方の思考傾向に対してのお話です。
そして、お人によってはかなり厳しく感じるお話です。

積もり積もった負の感情は、大きくわけて自責・他責となって表現されます。
自責から始まり他責へと移行することもあれば、自責だけが続く、また、ただ他を責めるのみと表現は様々です。

”だれも、他人の本当のところの苦しみや悲しみ、過去の経験なんて知らない。
知りようもない。
それだのに、知ったつもりになって、勝手な想像で「うらやましい」「あなたはいいよね」などとのたまう”

もし自分や周囲が、他を責める傾向を感じたなら、完全に自分以外の人間を知っているのかと心にたずねてみるのはいかがでしょうか。
それでも、「いや、あの人は自分より条件が良いからだ」など、自分は不幸が基準から生まれた思いが頭から離れないなら、厳しいようですがこのことを知っておく必要があります。

それは、ただただあなたの中の問題です。
相手の問題ではないし、相手を責める権利もない。
嫌いは勝手だが、それもあなたの勝手でである。

”勝手な独り相撲をすることで自分の心が保てるならばそうすればよろしかろう。
しかし、決して自分も誰も幸せにしないことを、魂に刻んでおかれよ”

ということです。

自分は不幸だとか、ついてないと思う時には「謙虚さ」が試されています。
自分を不幸と決めつける思考の癖は、あるいみ「傲慢で怠惰」であると言えます。

思うようにいかない「不幸」な現状。

それは、「自分が道を誤った 失敗をした」ことを認めたくないために、多くの言い訳をすることで心が葛藤状態になり、心身を疲弊させ、ますます思考が鈍った状態になっていると想像ください。
そして自分の評価が「不幸」であると、幸せそうに自由に生きている「ようにみえる」人に、悪感情が沸き起こり、まるで自分が法律のように罰する、もしくは脚で踏みつけるように下に見ている発言をしている場面も想像ください。

はい、普通に嫌な人です。
そのような思考にとらわれている人に「良い機運」など訪れるはずもない。

自分を不幸と決めつけていると「嫌な人という印象を与える」という現実。
なにかにつけ、不満や比較、批判や張り合う言動しかしないことは、ただ時を止め何も行動していない「怠惰」
「あ、なんか間違えたんだな、なんだろ?」と原因を見つめ改善のために動こうとするその心を「謙虚」というのだと私は思っています。

もし、このように自分を見つめるとか、自分の中に答えはあると言うと、

「自分が悪いっていうの!!!!!!!!!」

とカーッ!と感情的になるならば、それは、今あなたは「あなたをありのままに認めようとしない」環境で疲弊しきっていることを知ってほしいと思います。
その場違いの場所からすぐに飛び出すことをお勧めします。(時にしたたかな長期戦略も必要でしょう)
もし、「生活できないから」「~のせいで」などの言い訳をするならば、それは先に述べたとおりの思考です。

ただ自分の望む方向へ向かうために問題を解く。
問題を解く中で、他人の生きた歴史(経験)を知り、自分の歴史も知ってもらい、相互に磨くことで共に発展していく。

自責他責に陥っているときには、このことを怠っていると言わざるを得ない。
このような意味で、自分を不幸と思う思考は「傲慢で怠惰」なのです。

それぞれの人生に、それぞれの独特の進む道の個性があり、正解などない。
もはや誰が決めたのかわからなくなっている「いわゆる常識」にあてはめ、他人と足並みがそろっているかを慎重に確認しながら自分を押し殺して生きるのは止め、

「自分を不幸と思うことで「謙虚さ」を演出しても、周囲には「嫌な人」にしか思われないなら、堂々と自分の道を間違えながらでもガリガリ・ゴリゴリと生きる!」

と決意するのはいかがでしょうか。

すみません、強く言います。

“人のことにごちゃごちゃ言う暇があったら、てめぇの足元見ろ、その方がよっぽど自分を、人を、世界を幸せにする。

頭の中でごちゃごちゃいう自分には「うるせぇ!だまってろ!今幸せになる道の途中だ!先は見えてる」と言い返せばいい”

時には強く、このように自分自身を叱りつけることも大切です。
喝破して、心の魔を祓うのです。

勿論、心の動きを説明している私自身も、時々悪い魔女になります。
また、かつては本当に人を呪う割に何もしていない人間でした。

今でも呪っちゃうぞーとなることだってあるけれど、それでも前を向いていたい!
それぞれの人生の道を応援できる人でありたい。
自分を幸せと思う心で魂を共鳴させたい。
という思いの方が強くなるような、思考の訓練(経験)を繰り返すことで、バランスを保つことができるようになりました。

いい悪いでジャッジするのではなく「バランス」という考え方が大切です。

人は不都合なことには向き合いたくないと思うものですが、向き合う方が「昇華」という人を活かす魔法の力となります。

📝[日記]何度も言う。正解はあなたが決めるのだ。

「何百回。何千回同じ質問してくれたって全然かまわない
けれど、正解はあなたが決めるの

目標がないと立ち止まってしまうくらいなら
目標なんかなくていい
とにかく目の前にあることに

必死になって全力でやってみたことが
目標を生むのだから

考えずにただ何でもやるの」

自分の心に何度も問いながら人は何かを乗り越えていくのだし、そのままの気持ちを投げかけてくれることは信頼の証と受け取っています。

この道を志す前は、「1度聞けばわかる」と心のどこかで何度も質問することを非難する気持ちがありました。
それがメンタルの問題を抱え、物忘れの激しさや、1つのことをするのにとても勇気がいることを経験したことにより、そのおごり高ぶった心根はなくなってしまいました。

なぜ、そのような非難する気持ちが育ったかを振り返ると、幼少期の心身の弱さが影響していることにたどり着きます。
子供のころの私は、いつもいつも体がしんどくて、「いつになったらこのだるさがなくなるのだろう」と思うような状態でした。
しかし何の検査をしても「原因不明」とのことで、心の弱さや忍耐がないということに家族も私自身も結論付けるしかなく、そう思えば思うほどに心も、自分を責めることでいっぱいになっていきました。
以前から少し語っていますが、劣悪な環境も伴い、だれにも自分の気持ちを言わず、自分を責める気持ちでいっぱいの心は、人間としての成長を止め、最悪の道をたどることになります。

20歳の初めごろに、このままではいけないと心身ともに整えようとした時期があります。
しかしその時には、「自分はダメな人間だから頑張らなければ」という自分を責めるための行動でしたので、確かに働くことなど社会生活はできるようになりましたが、今度は「自分がダメな人間を責める」雰囲気を出すようになっていきました。

キチンとした自分

を保てていないとまた責められる恐怖が強がり見下す心を作りました。
この健康的ではない方法は、長く続くこともなく、うつからの躁うつへと移行していくことになります。
もっと根本から自分を育て直さねばと気づいた時には29歳になっていました。
人の気持ちがわかるのに29年もかかったのです。

29歳までは、自分を責めながら潰していた
29歳からは、自分を育てるために動き出した

今この年齢になり、ストレスフルな環境での生活と両親から受け継いだ栄養不良の延長が、子供のころの不調を起こしていたということが見えてきました。
また、そもそもの敏感さが異常なことではないことも説明できるようになりました。

現代は、何かと目指すことを、何の説明もなく要求してきます。
まるで当然のように押し付ける雰囲気は、そこら中にあります。

確かに人は何かに向かって生きている。

けれど、それを決める権利はその人にしかない。
決めるタイミングも、その人にしか権利はない。

心が弱ると、自分で決めることを恐れてしまうかもしれない。
けれど、誰かの決定にゆだね流されて生きるということは、人の云うがままに操られて生きるということであり、いざ自分の意志を出した時には、周囲にそれを受け入れてくれる人はいない可能性が高いことは覚えておいてほしいと思います。

強きに流されて自分を信じて自分を出さずにいると、いつの間にか「都合のいいように利用する人ばかり」に囲まれてしまいます。
その人たちは、過去のあなただけを見て今を見ようとしません。
過去があるから未来もダメに決まっていると決めつけた見方を押し付けてきます。

過去があるから未来もダメなはずがない。
過去は過去でしかありません。

一からやり直す腹をくくり、その環境とサヨナラすることです。
その人たちの助けは借りない、助言は聞かないと腹をくくる。

失敗も何もかも自分で経験して糧にするのだ!
責任は自分で取る!

と腹をくくる。

当面は亡霊のように「あの時の自分や他人」が元に戻そうと追いかけてきます。
今から1日5分でも自分を大切にすることを始めれば、その亡霊は消えていき、新しい考えを持ったあなたを作り出す。
そして、過去の解釈がかわり「あの時あれを経験したから今があるのだ」と言えるようになる。

(こんな感じに)


子供のころに理解されない経験をしたから、人を理解したいと思う魔女になれました。
心身の問題は、探求すればきっと答えは見つかるという粘り強さも身に着けられました。
その理解したい心根と探求心から得られた知識でもって、皆さんと出会えてています。


今無理して世間に合わせることは無い。
日々の小さなことを大切にしていくことをしてください。

📝[日記]自分が今できることを知っているって大切。

自分を追い詰めるほどには無理しないを基本に、

・仕事時間の調整(家と仕事場の移動を最小にする)
・仕事場の衛生、感染予防対策(換気、消毒、マスク、検温など)
・娯楽の自粛(必要最小の動きと、見るものの厳選)
・生活必需品の買い方(基本数日分買いだめ、最小時間で購入)

などなど、国や他の情報網から得たことをもとに決めた新しい習慣です。
慣れてきたとはいえ、やはりどこか無理をしているのでしょう、ここ最近特に自分の思いがたくさん出てきております。
たくさんの思いが出てきたときには、考察し言葉整えて発信したいというのが私のポリシーであります。

それだのに、Twitterで横道に逸れてしまった感もあり、今反省しています。
その時の感情で、ぶっきらぼうに投げ捨てる様な発言をしていたと思います。
いいねをくださっていたのに、ごめんなさい🙇‍♀️
いいなと思ってもらえることはとても嬉しいです。
が、これは実に自分らしくないと思い、また浅はかな自分を許す事ができず、身勝手と承知で削除しました。

同じような相談事が重なる時には、何か意味があるのではと思い、言葉まとめて発信するのがマイルールです。
Twitterは言葉の世界ということで、どなたかの心に届きますようにと浮かべています。
Twitterは、画像も載せられますが、やはり主に言葉の世界の様に感じていまして、言葉だけだと誤解も生ずると思い、言葉の発し方には気を付けています。

Instagramは、ヴィジュアルの世界ということでにて、プライベートも含めて思うままを掲載しております。
映像があることで、声のトーン、話し方などから、自分のことを誤解なく理解していただきやすいという理由からです。
代表としての人となりも知っていただき、その上で日々の予報など伝えています。

Youtubeの動画をご覧になった事がある方は、ご存知のことと思いますが、私には極端に走る傾向があり、バランスを取る事がとても大切です。
そのためのマイルールを決めています。

自分が今できることを常に精査して、その上でより良いを目指していくコツコツ型でいくのが、私には良いのです。
感情のままに動いて歯止めが効かなくなり、結果誰かに尻拭いしてもらうということを繰り返して、自己肯定感を無くしてしまっていた時の状態はひどいものでした。
子供を育てられない自分に気づいた時に、自分への信頼も、周囲の信頼も壊し続けることはもう二度とすまいと誓って今があります。
我が子を育てられない惨めさと言ったら言葉にできません。
「キチガイのくせに」「育てられないなら産むな」という批判は、非常に辛いものでしたが受け入れる必要がありました。
変わる方法を教えず育てない社会という現実に、非常に悔しい思いは確かにありました。
恨みすら感じ、怨念の様な感情は今でも出てきます。(仕事の使命感に変換しています)
親の育て方のせいにしたこともありましたが、事実そうでも、それを理由に逃げる事もすまい、全ては自分次第だと思考を変えてから、自己肯定感は戻りバランスを保てる様になりました。

心の動きを論理的に説明できる様になろうと、心理士になったことも良い選択でした。
この時にも、心の病気になったから人の気持ちがわかると安易に心理の世界に来るなんてということを、それとなく言われたこともありました。
心理の世界の人とはいえ完璧などないのだ、そして、結局、何をどうやっても否定的なことを言う人はいるのだと学び、ならば自分の思うままやってみようと思えた時間でした。
心の動きを知るという事は自分を知るという事ですから、心理を学ぶその事がセラピーになると今は自信を持っていえます。
「習い事というセラピー」として講座を開いています。

私にとって薬草魔女の活動は人生の全てです。
生徒は家族です。
お客さんは私自身です。
全てがつながりの元に、相互に生かされていると思っています。

それを壊す事はしたくありません。

これらの人生の歩みが、今のこの気難しい一面のある私を作っています。
本当の意味で楽しく健やかにいるために必須のことなのです。

極端に走る傾向は、障害といえば障害です。
なんて強烈な個性を持ってしまったのだと、今と思う日もありますが、「上手にバランスを取る方法はある」と、子供の頃の環境によりメンタルヘルスの問題を持ってしまった皆さんに希望を伝えたい。

コロナ禍にあって、みなさんの心の余裕がなくなってくると、「障害や病気に逃げるな」など、心挫かれる言葉により多く直面することになると予想されます。
今もう、そうなっているかもしれない。

諦めるなくらいつけ
悲しくなったら魔女がいるから

と言えるようにしておきたい。
そういう思いでTwitterには言葉を浮かべています。

また、この「バランス」は、障害や病気ではない方でも必要であると伝えています。
今の混乱した世にあると、不安から焦って極論に至りやすいものです。
早く目標に辿り着いて、結果出して安心したくなりますが、今できることを知り、淡々と日々生きる方が早道です。
1段1段昇ること。
2段跳びできる人もいますが、焦らず1歩を愛しむ。

自分が今できることを知っているって大切です。

自分がどんな人生を歩み
何を学びどんな価値を持っているのか
何が得意で不得意なのか
日々何を食べていて
それによってどんな身体・精神になっているのか

今一度そこを振り返ってみると、できる事が見えてきます。

辛いときには安易な方向に流されやすいですし、情報にも翻弄されやすくなります。
世の一般の正解を求めるより、自分の生活環境に適した正解を出す方が、お互い様と手を繋ぎやすくなると思います。

今の私は、

・植物と会話し育てる事はできます
・共感覚と人の感情に敏感な性質を生かして心のケアができます
・心の動きを論理的に説明する事ができます

このできることを大切に、人を壊すのではなく人を生かす人として生きていきます。

📝[日記]抑圧は他人を許せなくさせますね

「自分というに人間を追い詰める」ほど自分に厳しくしないで良いと思います。
これはやっていいかな、、、というその慮る心は、きちんと適切な行動が取れる証に思うのです。

本当に自分のことしか考えていない人間は、悩みもせずに好き勝手にしている。
そして、人の言うことを聞くつもりもない。
そして思い通りにならないと人のせいにして攻撃する。

「それぞれにできる範囲を模索して、みんなでこの時を乗り越えよ〜う♪と、一致団結でスムーズに、、、なんてうまく行くはずもない。人類はまだまだ未熟で浅はかな部分を持っている、こりゃ長引くぞ」
ということは、大抵の人には理解済みのことに思うのですが、だんだんに追い詰められていくとゆとりある心も枯れ果て、周囲の言動に敏感になり「なんでできないんだ!」「ありえない」「〜するべき」と声を荒げたくなるものです。
常識では測れない障害を持っていることへの理解も辛くなるかもしれません。

”理性でなんとか抑え込みますが、怒りや悲しみ、時には憂鬱な気持ちが溢れそうになる“

しかし、そういう心の葛藤や様々な感情を感じる事は人の成長に欠かせないことに思うのです。
先にも述べましたが、本当に身勝手な人はとっくに、自分が気に入らない人間や騒ぎになっている人を攻撃の的にしてスカッとしているはずです。

身勝手な人は、匿名を生かして実生活では仮面を被り上手いこと生きているように見えて、我々のような超敏感人間にはバレてしまいます。
いや、みんなにバレています。

正直者はバカを見ると言われますが、結局困った時には正直で誠実な人に頼ります。
自分のことのように思ってくれる人のところに行きます。
身勝手で要領の良い人というのは、信頼からは程遠いのです。
ちゃんとみんな見ています。

その誠実さが抑圧を生んでいますが、その思いは信頼となって帰ってきます。

自分を追い詰めるほどに配慮できる思考があるならば、身勝手極まりない行動などするはずもないのですから、あまり厳しくしすぎず、時には自分を喜ばせることをしてください。

食養生相談 ハーブティーと栄養療法

4月27日より、「薬草魔女研究会代表による心理相談」に「食養生相談」が追加されます。

私の定番魔法(技術)に食養生法が加わりました😊✨

心のケア「占術」「心理療法」
体のケア「薬草療法」「レイキ療術」「食養生法

明るく健康に活き活きと生きる」ためのサポートをする上で、伝統にこだわらず、現代人に合った魔法(技術)を柔軟に用いるというのが私のポリシーです。

「希望」を見出せることが1つでもあればと、様々な魔法(技術)を学び取り入れ、「妖精カード」を用いたセラピーなども創ってきました。
様々なご相談を受けるうちに「栄養」という側面からのサポートの必要性を感じ、新たな相談窓口を設けることにしました。

食養生相談は、日々の食事と共に1杯のハーブティーを飲むことによる相乗効果をお伝えするものです。
また、食事に関しては、通常の栄養知識に加え、分子栄養学的食養生を交えたアドバイスを行います。
自分の伝えたい健康養生方法にようやくたどり着いたと確信と自信をもっております。

・なんとなくいつも気怠い感覚
・アレルギーと上手に付き合いたい
・歪んだボディイメージを変えたい
・年齢による体調の変化に適応したい

また、ストレスが関連しておきている感覚に対して、上手にお付き合いするサポートをいたします。


🌿薬草魔女の自然養生研究所の伝える「自然」「薬草魔女」とは
薬草魔女としての社会との関わり方について

「自然」というと「地球の自然環境」のことを想像される方がほとんどかもしれません。
薬草魔女の自然養生研究所の云う「自然」とは、「この宇宙にあるすべての存在」を指します。

「自然療法の健康管理」というと「自然環境の中に存在するものを活用した健康管理」を想像するかもしれません。
薬草魔女の自然養生研究所の云う「自然療法の健康管理」は、「自然環境の中に存在するものと、人間が築き上げた社会の中で必要として生まれた人工物を活用した健康管理」を指します。

自然の一部である人間の作ったものも自然と捉えています。

人間は進化の過程において様々な人種に分かれ集団を作り、様々な文化を持つ国を築いてきました。
その国同士のやり取りの中で、共通のルールが生まれ、平和的にこの地球で生きることを模索している最中です。
薬草魔女は、人類はまだ進化の途中であり、そしてすべての人が健康で平和に生きる道を心から願い、その答えを探して、日々試行錯誤している「道の途中」と考えています。
個人が経験する人生、それぞれの国での問題を見る時に、今にもこの地球は壊れてしまいそうな状況であり、人間は愚かしく成長しない生き物ではないかと悲しくなる時もありますが、現状は、地球に住む人間の総意としての「自然の流れ」であると考えた時に、「薬草魔女」は共に学び成長するために「寄り添う」道を選びます。
そういう大きな意味での「自然」に寄り添う存在が「薬草魔女」であり、古代よりその時々の社会に合わせた「自然療法」を用いて人々の心身のケアを行ってきました。(魔女と言われてきた人々を調べる中で至った私の結論です)

中道、中庸、あるがまま生きる、ほどほどに生きる

声高に問題提起をして社会を変える道を選ぶ人もいるでしょう。
薬草魔女は寄り添う形で、ただ淡々と今日出会う人の心と体のケアを行います。

人は、様々な環境に生まれおち、経験する事柄に刺激を受けて、自己の生きる道を選択していきます。
この生き方でいいのかと問う時もありながら、懸命に「自己」を生きます。

その中の一つの選択肢が「薬草魔女」という生き方です。
どの生き方も尊く、「自分を生きた!」と言えるようにサポートするのが我々の使命です。
ですので、使える魔法(技術)は何でも用います。

今回「自然養生相談」にてお伝えする「分子栄養学」とは、簡単に言いますと「個々に必要な栄養素を取り入れる」というものですが、薬草療法と同様に一部の人には受け入れがたい考え方となっています。
それぞれに必要量は異なる栄養素を取り入れる時に、サプリメントを活用することもあるからです。

私は、どんなことも疑おうと思えば何でも疑えるものだと思っています。
そう思いたければ、疑う理由をいくらでも見つけられ、「良い悪い」という大まかなくくりでジャッジできます。

自分と違う意見を、自己の存在を脅かす(否定する)と受け取り、感情的になる人もいます。
そして、理解ではなく攻撃(批判)という形で自己の安定を保つ人もいます。

批判は受付しておりません。

議論したいのであれば、「どうすればより良くなるのか」という共通のテーマをもち、しかるべき場所にて話し合うというのが筋と心得るからです。

私は実感し、研究して確信した「明るく健康に活き活きと生きる」ための方法を臆せず伝え続けます。

人は必要と感じることに関するご縁を結んでいくような選択を日々していきます。
そしてついに出会う。

必要なことは
必要な時に
必要なだけ起こる

幼い時からの信念です。

必要と感じた方が訪れる場として、これからも魔法を磨いてまいります。

2021年4月のメルマガは4月1日配信です。

2021年4月のメルマガは、4月1日配信です📧

登録はコチラ
http://yakusoumazyo.com/mailmaga.html

(ないよう。)

1.薬草魔女Mayaの言葉綴り

「古代よりずっと友達の薬草と共に、変わることのない希望を伝えています
薬草魔女として何を伝え、どんな仲間を求めているのか、そして今後社会に対して、薬草魔女として何をなしえたいと思っているのかをつづります。

2.ハーブ精霊の精霊のささやき

薬草魔女Kumi先生によるハーブの精霊のメッセージ

そんな感じ(ないよう)でーす✨

アメブロの記事を移行ました。

こちらのアメブロは見れなくなりますが、記事はすべて移行を完了しております。
残念ながら、画像だけがリンク切れとなっており見れません^^;

https://ameblo.jp/herb-school-trebol/

パソコンでは、右側に記事のカテゴリーから見ることができます。
スマホでは、下にスクロールしますと記事のカテゴリーを見ることができます。

これまで様々なツールを使って、薬草魔女についてのお知らせをしてきましたが、伝える媒体をInstagram、Twitter、YouTubeに絞り、ホームページ上で全て確認できるようにと昨年度から変更しております。

アメブロは、個人事業からのものであり、記事は残せたとはいえ、なんとも言えない気持ちがこみ上げております。
アメブロさんありがとうございました。

会社の成長と共に、そして自分の加齢とともに変化を加えなくてはいけない時は来るものですね。。。

これからも、その時に必要に応じて変化しながら使命を全うしていきます。





2021年3月のメルマガは3月1日配信です。

2021年3月のメルマガは、1月1日配信です📧

登録はコチラ
http://yakusoumazyo.com/mailmaga.html

(ないよう。)

1.薬草魔女Mayaの言葉綴り

「それは恐れではなく怒りです
薬草魔女は心のケアも行いますので、時折、周囲の人のネガティブな空気に過度に恐れを感じる方からの相談もあります。どのように接すると良いのかについて綴ります。

2.薬草魔女の薬草講座

「植物のものがたりを描きましょう」
よくハーブやアロマの薬効や効能を覚えられないというご相談をいただきます。
薬草魔女に必要なことは覚えることなのでしょうか?
そのことについてお話します。

3.ハーブの精霊のつぶやき。

ハーブの妖精と魔女の会話ですー。

今月は「ネトル君とのデート」の巻。
魔女になったきっかけを作った、ネトル君との出会いのおはなし。


4.ハーブ精霊の精霊のささやき

薬草魔女Kumi先生によるハーブの精霊のメッセージ

そんな感じ(ないよう)でーす✨


5.お知らせ
今後のメルマガについて